面会交流

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

面会交流

面会交流とは?

面会交流とは、親権を持たない親と子の交流(面会、電話、手紙等)の総称です。
面会交流を求める権利を面会交流権と言い、改正民法第766条に規定されました。また、面会交流権は、未成年の子の人格の円満な発達に必要不可欠な両親の愛育の享受を求める子の権利としての側面も有するとされております。

面会交流の請求

親権(監護権)を持たない親は、親権者(監護者)へ面会交流を求められます。面会交流の回数・方法は、話し合いにより取決めるのが原則ですが、合意を得られない場合は、家庭裁判所の調停・審判を申立て、決めることができます。

面会交流の制限

面会交流は、子の健全な成長を助けるため、年齢、性別、性格、就学の有無、生活リズム、生活環境等を考え、子の福祉に十分に配慮し、取決める必要があります。そのため、子の福祉に悪影響と判断される場合は、面会交流の制限を受けることがあります。

裁判所手続き

面会交流の調停・審判

【調停申立書ダウンロード】

夫婦関係調停申立書
記入例_夫婦関係調整(離婚)申立書
面会交流調停(審判)申立書
記入例_面会交流調停(審判)申立書

 

事例に学ぶ、離婚協議(面会交流)

【 事例1 】

A子さんは、元夫に対し、2ヶ月に1回の面会交流を認めました。A子さんは神奈川県在住、B夫さんは千葉県在住のため、場所は中間地点の新宿駅に定めました。 お昼に待ち合わせし、時間を5時間にしております。但し、年末年始は例外的にB夫さんの希望に添い、宿泊を伴う面会交流を認めました。

●面会交流のルール
円滑な面会交流を行うため、連絡方法、回数、時間、場所等を決め、揉めないための基本的なルールを作成してください。特に連絡方法は重要です。何を決めるにしてもコミュニケーションが取れませんと円滑な面会交流を実現することができません。

【 事例2 】

この夫妻は、子の出生直後に離婚に至り、子に父親の記憶は残りません。そのため、B夫さんは面会交流を望みませんでした。しかし、子の成長を見守りたいと願い、A子さんに対し、写真の送付を要求致しました。A子さんはB夫さんの写真送付の要求に快く応え、定期的に写真を送付しております。

●間接的な面会交流
間接的な面会交流の方法をご紹介致します。
・学校行事(運動会、学芸会等)の日を知らせ、見に行かせる。
・動画、写真の送付
・ブログに画像をUP

【 事例3 】

A子さんは長年のB夫さんのDV(暴力・暴言)に悩み、4歳の子を連れ、保護施設に逃げ込みました。A子さんは配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)に基づき、接近禁止命令を申立てました。そして、弁護士に依頼し、別居後約1年後に離婚出来ました。

●面会交流の制限
暴力行為は、典型的な面会交流の制限事由です。子に暴力を振るわない場合も、低年齢の場合は母親の付添いが必須のため、事実上面会交流の実現は困難と考えられます。