離婚相談はラインで

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

離婚相談はラインで

桜前線北上中ですね。
東京は例年より早く桜が開花し、週末は早くも見頃でしょうか。
今年はどこでお花見しようかと、わくわくしながら考えている行政書士の阿久津です。!(^^)!

うちの事務所は、離婚関連業務が専門で離婚相談(カウンセリング)から離婚協議書の作成まで全国対応でやらせていただいています。
近年は、SNSを利用した問い合わせや相談が増えています。

次のような事例がありました。
Aさんは20代前半で、同い年の夫と結婚して1年未満で離婚を考えていました。
当初は、Aさんのご両親が心配され当事務所へ問い合わせされてきたので、離婚は夫婦の意思の合致が必要なことと、本人から直接お話を聞きたいことを説明しました。
後日、Aさんが両親と一緒に事務所に来られたのですが、
「この子は人前でうまく話すことがとても苦手でして、出来ればラインとかでお話を聞いてあげることはできないでしょうか?」とお願いされました。
「ラインですか?メール相談は対応しておりますが、メールはされていませんか?」
私がAさんに確認しましたが、
「メールはやりません。」
と消え入りそうな声で答えました。
「分かりました。ラインで相談に対応します。」
その後、Aさんとはラインによる相談・カウンセリングをして、事情を聞きだし、協議離婚で無事離婚が成立しました。

少し前までは、熟年離婚という言葉もあり、40代後半から60代前半の夫婦からの離婚に関する相談が多かったのですが、最近は20代、30代からの相談が増えています。
若年離婚も増加傾向です。
そして今どきの若い方は、メールは使わずラインを使う方が圧倒的です。
私はメールもラインも使いますが、確かにラインは便利です。
うちの事務所も急遽、ラインによる相談やカウンセリングにも対応できる準備を始めました。
年配の方は、メール、或いは直接会って相談やカウンセリングを希望される方が多いのですが、若い世代はやはりラインですね。
対面やメールでの相談、カウンセリングは大切ですが、時代に合わせた相談、カウンセリングの方法を取り入れていかなくては、幅広い層の離婚のお悩みに対応することはできないと痛感しています。
私も離婚問題を扱う専門家として時代の流れに臨機応変に対応できるよう日々努力しています。
娘に教わり、2年前からツイッターも始めてみました。
芸能人も多数やっているアメブロ(アメーバブログ)もやっています。
さすがに、更新する余裕がなくインスタまで手を伸ばすのは断念しましたが。
ちなみに、<かばちのり>で検索すると私のツイッターが見れます。愛犬のことばかり呟いていますが、、、。興味のある方は、暇つぶしにでもぜひ(笑)

それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る