婚前契約書

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

婚前契約書

ブログをご覧のみな様、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
年末年始は、如何お過ごしでしたか?
私は今日から仕事始めですが、、、。
もう少し、ゆっくり休みたかった行政書士の阿久津です。(>_<)

婚前契約書って?
みなさんは、婚前契約書をご存知でしょうか?
婚前契約書(婚前同意書や婚前協議書ともいいます)とは、結婚をする前に結婚生活に関する様々な約束事(ルール)を決めて、契約書や覚書として書面に残したものです。
日本では耳慣れない言葉で、意味を理解している人も少ないのですが、アメリカやヨーロッパなどで広く浸透し、結婚する前に婚前契約書を作成するのが一般的です。

婚前契約書の内容
婚前契約書の内容は当人同士が自由に決めることができますが、法律に反するものや第三者の利益を害するような内容は無効になってしまうので、注意が必要です。間違いのない婚前契約書を作成するためにも、行政書士などの専門家に相談・依頼すると安心ですね。
当事務所では、一般的に次の内容について取り決めておくことをおすすめしています。
(1)夫婦の財産の範囲について
例:貯金の管理は妻とする。不動産名義は夫婦の共有名義とする。
(2)家事分担について
例:休日は夫婦で一緒に家事(食事作り、掃除)をする。
(3)浮気について
例:浮気は絶対にしない。約束を破った場合は、罰則金○万円を支払う。
(4)暴力について
例:夫婦間の暴力や暴言は絶対に禁止。これに反した場合は、罰則金〇万円を支払う。

*婚前契約書に違反した場合は、罰則を定めておくと、より抑止効果が高まります。

婚前契約書のメリットとデメリット
婚前契約書にはメリットもデメリットもあります。これらをよく理解した上で、婚前契約書の作成をすすめたいですね。
(1)メリット
①結婚生活における不安や心配が解消できる。
②夫婦の役割分担が明確になり、充実した意義のある結婚生活が送れる。
③夫婦喧嘩やトラブルを減らし、夫婦円満が長く続く。
④浮気や暴力などに対する抑止力効果がある。
⑤離婚やトラブルになってしまった場合でも、婚前契約書があればスムーズに解決が可能。

(2)デメリット
①結婚契約書の作成に懸命になった結果、結婚生活にシビア&現実的になってしまう。
②結婚契約書の内容に不満があっても、相手と早く結婚したいが為に同意してしまい、後で後悔することも。
③契約書の内容の変更は簡単にできない。
④専門家に作成を依頼すると費用がかかる。

以上、婚前契約書についてでした。
それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る