SNSで離婚危機~事例①ツイッターで浮気がバレた~

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

SNSで離婚危機~事例①ツイッターで浮気がバレた~

台風24号、凄かったですね。特に暴風が!
みなさんの地域は大丈夫でしたか?
こちらは、停電しましたがすぐ復旧しました。近所の建物の一部が壊れたり、道路にゴミや木の枝が散乱するような被害がありました。
台風はもう要らない!!と思う、行政書士の阿久津です。(―_―)!!

ライン、フェイスブック、ツイッター、インスタなど、いわゆるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれるこれらのWebサービスは、インターネットを介して人間関係を構築したり、情報の伝達、共有するツールとして日常に深く浸透しています。
SNSにはメリットも多い一方で、デメリットもあります。
今回はこのSNSによる夫婦間の離婚危機の事例を3回に分けてお話しましょう。
初回は、ツイッターで浮気がばれた、です。

ツイッターは、利用登録すればリアルタイムで自分自身の気持ちや考えなどを世界中の人に向けて気軽につぶやいたりすることができます。
結婚3年目のAさん夫妻。夫はサラリーマンで妻は結婚を機に仕事を辞めて、自宅近くの会社で事務の仕事をパートでしていました。数日前から妻のスマホに頻繁に通知を知らせるランプが点滅するようになり、心配した夫がある日、
「最近、スマホへの通知が多いみたいだけど、大丈夫?」
と、妻に聞いてみたところ、
「ああ、あれね。私、最近友達からすすめられてツイッターを始めたの。気晴らしになるし、面白いわよ。私がツイートすると友達が<いいね!>してくれたり、返信くれたり。」
と妻が答え、スマホの画面を夫に見せました。
最近食べたデザートのこと、テレビドラマの内容など他愛もない妻のツイートに、いいね!や返信が何件かあることが確認できたので、夫はそのとき、何の疑いも持ちませんでした。ある日の休日、久しぶりに友達と出かけた妻がスマホを置き忘れた際、夫が偶然手にした妻のスマホ画面に<○○さんが返信しました。>とのメッセージが表示されていました。○○が男性の名前だったので、気になり妻のツイッターを確認したところ、
<これから彼と映画!とても楽しみ>のツイートに対して、<俺も楽しみ>の返信がありました。夫は、過去のツイートから妻と男性が何度も会っている事実を突き止め、更にその日会う約束をしていた映画館の場所を特定し、妻のスマホを持って映画館で待ち伏せし、若い男性と手を繋ぎ映画館から出てきた妻の前に立ちはだかりました。
夫の姿を見た妻は文字通り石のように固まったとか。

このAさん夫婦、結果的には離婚を免れ夫婦関係を修復しましたが妻は罰としてツイッターを止め、スマホは夫の管理下に置かれることになりました。

それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る