今どきの結婚の条件と離婚の原因

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

今どきの結婚の条件と離婚の原因

毎日記録的な暑さが続きますね。
毎年この時期、うちの事務所は朝は扇風機でやり過ごせていたのですが、今年は朝の始業から夕方の終業までエアコンが無くては仕事できない状態に。
電気代の節約は諦めた行政書士の阿久津です。(T_T)

<女性が男性に求める結婚の条件>
私が20代だった頃、女性が男性に求める結婚条件には3K(3高)というものがありました。3Kとは、高収入、高身長、高学歴を意味します。
当時は丁度、バブルの絶頂期だったこともあり、3Kの男性はどこへいっても大人気でした。
今はどうでしょうか?
ある大手企業が実施した調査では、女性が男性に求める結婚の条件のベスト3は、「育児や家事に協力してくれる人」、「浮気をしないで自分だけに優しい人」、「仕事を頑張る人」という結果になりました。
時代が変われば結婚条件も変わるということでしょうか。お金や見た目重視から、内面重視へと変化しているのが分かりますね。

<離婚の原因は今も昔も変わらない?>
社会情勢の変化により、結婚の条件は変化しますが、離婚の原因はどうでしょうか?
離婚の原因は、今も昔も大きく変わっていないことが分かっています。
離婚原因としていつの時代でも多いのが、「性格の不一致」、「配偶者の浮気」、「お金の価値観の違い」この3つなのです。
「性格の不一致」とは、性格が合わないことですが、長い結婚生活を性格が合わない相手と続けるのは本当に苦痛です。「配偶者の浮気」は今、流行りのようになってしまっている不倫のことをいいます。配偶者の裏切りは許せない、愛情が冷めきってしまっては婚姻関係を継続する意味もない、ということでしょうか。「お金の価値観の違い」は、借金トラブルや浪費癖なども含みます。お金に対する考え方が大きく異なってしまうと、夫婦として生活していくのも困難になってしまいますよね。

<これからの結婚条件と離婚原因>
最近では、結婚の条件には「健康な人」が求められ、離婚の原因には「親の介護」が増えています。
せっかく結婚したのに、相手が体調が悪くて働けなかったり、家事ができなかったりでは困りますよね。お互いがずっと健康で元気でいることも愛情の1つだと思うのです。
そして、少子高齢化社会を受けてか、離婚の原因に「親の介護」も増えてきています。
親の介護は子どもの義務です。子どもの義務といっても、実際に親の介護をするのは妻1人が圧倒的に多いのが現状です。夫の協力や理解を得られず、不満が蓄積した結果、離婚を選択してしまうようです。親の介護は妻1人に押し付けるのではなく、夫婦が協力し合いながら行うべきですよね。

以上、今どきの結婚の条件と離婚の原因についてでした。
それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る