ちょっと待って!その預金通帳とカードは誰のもの?

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

ちょっと待って!その預金通帳とカードは誰のもの?

先日、娘の学校の生活指導の先生から電話がありました。
学校からの電話なんて滅多にないので、びっくりしたのですが、その内容が娘のスカート丈が短いということと、学校指定外のベルトを着用していたのでベルトは学校預かりになったということについて。
「不良娘め〜!!」
娘が帰宅後、事情を聴けば、登校途中で指定外のベルトを使ってスカートの裾を上げて短くしているとのこと。
久々に雷を落とした行政書士の阿久津です。”(-“”-)”
オシャレしたい気持ちは分かるけど、校則は守らないとね、、、。

前回に続いて今回も別居についてのお話しです。
夫婦が別居するにあたっては、様々な問題がありますがそのうちの一つにお金の問題があります。
別居は二重生活になりますから、単純計算で生活費もこれまでの約2倍かかるということになります。
別居先が運よく自分の実家であればまだしも、実家に帰れない事情がある場合はアパートなど借りることになりますが、毎月の家賃も侮れません。

ある事例をご紹介しましょう。
パート勤めの妻が子どもを連れてアパートで別居することになったとき、妻は夫名義の預金通帳とカードを持ち出しました。
妻子が出て行き、しばらくして夫は自分名義の通帳とカードを妻が持って行ってしまったことに気づきます。
この夫婦は結婚して以来、妻が家計を管理しており、夫の給与振り込みの通帳とカードも妻が持っていたので、別居する際にも当然のように持って行ってしまったというわけです。
加えて、パート収入が10万程で、子どもと2人でアパートで生活するには経済的にも困難だったため、足りない分を夫の給与収入で補おうと考えた結果でもあるようです。
ここで問題になったのは、夫名義の通帳とカードです。
「通帳とカードは俺のものなんだから、別居するならすぐに返せ!」
と主張する夫と、
「別居で離婚じゃないんだから、生活費は貰えるはず!離婚するまでは返さない!」
と、主張する妻。

どちらの主張が正しいでしょうか?

どちらの主張も間違いではありません。
しかし、常識的に考えれば夫婦と言えど、自分の名義でない通帳やカードは当人の了承なしに持ち出していいはずがありません。
また、夫は妻が通帳やカードを返してくれなくても金融機関に連絡して口座を凍結することができます。
そうなってしまえば、持ち出した通帳もカードも使えなくなります。

別居する前に、お金のことは夫婦間で納得するまで徹底的に話し合う必要があり、相手名義の通帳やカードは相手の了承を得ずして持ち出すことは控えるべき、ということですね。

以上、別居とお金の問題についてのお話しでした。
それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る