離婚が決まるまでのお値段

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

離婚が決まるまでのお値段

昨夜、お風呂上りに寛いでいると愛犬がやってきて、私の背中にすりすり身体を寄せてきました。
甘えるときは、いつもこうやってすりすりします。
「う〜ん、かわいい!」
と、手を伸ばして抱き上げようとしたそのとき!
なんと、愛犬が片足をあげて、私の背中にオシッコをしました、、、。(>_<)
娘は大爆笑。
私は再度、お風呂に入り直し、服を全部着替えましたが、愛犬にオシッコをかけられたことに、ショックを受けて落ち込んでいる行政書士の阿久津です( ??ω?? )

離婚が決まるまでに、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
今回は、「離婚が決まるまでのお値段」についてのお話しです。

夫婦間の話し合いで離婚する協議離婚は、お金がかかりません。
タダです。0円です。
離婚届に必要事項を記入し、役所へ提出するだけですから、当たり前と言えば当たり前ですよね。

様々な事情により夫婦間の話し合いができなかったり、揉めてなかなか離婚の話し合いが進展しない場合などは、家庭裁判所が仲介する離婚調停を選択することになります。
離婚調停にかかる費用は、収入印紙や切手、戸籍謄本などで合計5,000円程です。
また、離婚調停は自分ひとりでもできますが、弁護士に依頼した場合は、弁護士費用がかかります。
離婚調停を弁護士にお願いした場合の費用は、着手金で15万円から30万円。報酬や日当などで、20万円から50万円。合計で70万円程かかるのが一般的です。

そして、調停が不成立に終わった場合は、裁判になります。
調停と違って離婚裁判は自分ひとりで起こすことは難しく、弁護士に依頼することになります。
弁護士費用は調停の時よりかかります。
着手金が30万円〜40万円。報酬、日当などで40万円から60万円。合計で100万円程かかるケースが多いようです。

夫婦間の話し合いでの離婚(協議離婚)はタダですが、弁護士をつけて裁判まで争うことになると、夫婦それぞれに100万円程のお金がかかることになるわけですね。
費用がかからない協議離婚に越したことはありませんが、様々な事情から裁判まで視野に入れている場合は、離婚が決まるまでの費用についても考え、準備しておく必要があるでしょう。

以上、「離婚が決まるまでのお値段」についてのお話しでした。
それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る