離婚で迷ったときは?

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

離婚で迷ったときは?

私事ですが、本業の傍ら母子家庭を支援している社会福祉法人の理事を務めさせていただいており、昨日はその理事会に出席し、母子家庭支援事業の内容について、意見交換をしてきました。
地域によって母子家庭が受けられる支援は様々です。
ところが、受けられる支援のことを知らないシングルマザーが多いことが問題となっています。
離婚問題を取り扱う立場として、問題解決のためにできることを色々模索中の行政書士の阿久津です。(^’^)

離婚するときは結婚するときの何倍ものパワーが必要、とはよく言ったものです。
「離婚後の生活や世間体など考えると、色々大変で面倒そう。」
「嫌だけど、離婚しないでこのまま我慢しようかな。」
「我慢すれば、生活は保障されるわけだし、、、。」
「子どもを片親にするのはかわいそうだし、、、。」
このように考え、離婚をためらう、或いは諦めている人も少なくありません。

離婚は最後の選択肢と私は考えます。
離婚を迷っている方には、まずは徹底的にお話を聞き、離婚回避のためのあらゆるアドバイスを行います。
できる範囲で色々と努力してみる。頑張ってみる。
努力して、頑張ってみて、少しすると状況に変化が見られます。
自分自身の気持ちにも何かしら変化があります。
その変化も見極めの判断材料となるのです。

自分のことは自分自身が1番分かっている、と思いがちですが、実は自分自身のことになるとよく分からなかったりする場合もあるのです。

離婚するか、しないか。

最終的に結論を出すのは自分自身ですが、結論を出すまでに色々な人に相談し、意見を聞くことも大切なことです。
人生での大きな決断をするときは、なお更です。

離婚は精神的にも肉体的にも経済的にも本当にしんどいです。
だからこそ、1人で悩まず抱えこまず専門家などに相談すべきなのです。
専門家と二人三脚で共に考え、悔いがない選択をしましょう。
夫婦カウンセラー行政書士は、離婚協議書の作成だけを行っているわけではありません。
夫婦カウンセラーとして相談者さまの心に寄り添い、共に考え、悔いがない最上の選択をするためのお手伝いもしているのです。

離婚するかしないかで気持ちが揺れている方、どうしたらいいのか一緒に考えて欲しいという方の相談も受け付けています。

以上、離婚で迷ったときについてのお話しでした。

それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る