知らないと損する!離婚前にしておくべき、3つのこと~③収入編~

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

知らないと損する!離婚前にしておくべき、3つのこと~③収入編~

大好きな小林麻央さんの訃報を聞いて、涙が止まらなかった行政書士の阿久津です。(/_;)
乳がんステージ4の辛く苦しい闘病中にありながらも、常に周囲への気遣いと笑顔を絶やさなかった麻央さん。
同じ女性として、母親として、そして人として私は多くのものを彼女から学びました。
心からご冥福をお祈りいたします。

知らないと損する!離婚前にしておくべき3つのこと、今回は3つ目の収入編についてです。

婚姻期間中は、専業主婦だったりパートなどで扶養の範囲内で働いていた主婦にとって、離婚後の生計を立てていくために、収入源をどうするかはとても重要な問題ですね。

離婚前は夫の収入に頼ることが大きかったけれど、離婚後は自分自身で収入源を確保し、維持していかなくてはならないのですから。
離婚後の生活が安定するまでの軍資金もOK(ブログ13の軍資金編を参照)、離婚後に住む所の確保もOK(ブログ14の住居編を参照)でも、収入源が確保出来てないと離婚後の生活は安定せず、そのうち行き詰まってしまう可能性大です。
このようなことにならない為にも、離婚前に収入源は確保しておく必要があります。

離婚時に財産分与や慰謝料などの支払いがあれば、離婚後の生活の足しにはなるでしょう。しかし、それだけで生計を立てるのは無理でしょう。(財産分与や慰謝料が何千万、億単位など芸能人並みの金額にでもならない限り。。。)
子どもへ支払われる毎月の養育費も貴重な収入源ですが、やはり養育費だけで生計は維持できません。
なので、仕事を見つけ、働いて安定した収入を得ることが必須となるわけです。

専業主婦歴が長く就職活動に不安がある方は、離婚前に資格などを取ったり、パートで働いてみたりして、自分の適性などを把握しておくと仕事も決まりやすいです。
離婚前にパートやアルバイトをしていた方は、正社員を目指しスキルアップしておけば収入増に繋がり離婚後の生活も早く安定するでしょう。

離婚前にしておくべき3つのこと、収入編についてのお話しでした。

それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る