浮気の証拠の集め方②(レシート)

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

浮気の証拠の集め方②(レシート)

お天気は悪かったのですが、3連休はのんびり過ごせました。
のんびり過ごせた分、連休明けはお仕事モードのエンジンがかかりにくい行政書士の阿久津です。(^’^)

浮気が原因で離婚するなら当然に慰謝料を請求したい。
慰謝料を請求したいのなら浮気の証拠はしっかりと集めておきたいものです。
ところが浮気の証拠といわれても具体的なものが何もない場合、どのように集めたらいいのでしょうか。
プロの探偵に頼らずとも自分でできる浮気の証拠の集め方についてのお話、2回目の今回はレシートです。

レシートから分かること
たかがレシートと侮ってはいけません。
たった1枚のレシートには沢山の証拠が隠れているのです。
レシートには、購入した品物や金額が印字されていますがそれだけではありません。
購入した店舗の住所や電話番号、更には購入した日時まで印字されています。
例えば、夫の財布に入っていた1枚の飲食店のレシート。
レシートに印字されていた店名や住所、会計の内訳から7月14日(日)に夫は県外の観光地で誰かとお昼に高級なフランス料理を食べたらしく、2名様分の会計は11,000円を夫が支払ったことまで分かりました。
夫は7月14日の日曜日は、仕事が終わらないからと休日出勤したはずでした。

複数レシートの組み合わせで証拠を
1枚のレシートで具体的な証拠が得られない場合は、複数のレシートをチェックしてみましょう。
自分とは絶対に行かないレストランの2人分のレシート。
明らかに異性へのプレゼントと分かるものを購入したレシート。
自分と行ったことがない他県にある給油所のレシート。
自分も配偶者も食べたり飲んだりしない食べ物や飲み物を購入したコンビニのレシート。
レシートに印字されている住所や日時から、アリバイや足取りも分かります。
よく行く飲食店や利用するホテルの場所が分かれば、配偶者に分からないように直接現場に行って浮気の動かぬ証拠を押さえることも可能かも知れません。

たかがレシートと侮らず、1枚のレシートでも大切に保管し、浮気の証拠として残しておけば離婚時の慰謝料請求に大いに役立つ場合だってあるのです。
レシートは財布の中にあるとは限りません。
服のポケットや洗面所のゴミ箱、車の中に落ちていたりするレシートに限って、大きな威力がある場合が多いです。
恐るべしレシートの威力、ですね。

それでは、また次回お会いしましょう。

ページ一覧に戻る