離婚の目安→☆☆(離婚準備)

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

離婚の目安→☆☆(離婚準備)

今日から10月ですね。
衣替えより、消費税が10%になってしまうことに焦り色々バタバタしている、行政書士の阿久津です。(。-_-。)

離婚する夫婦は増加しています。
そこで離婚専門の行政書士・カウンセラーの視点からみた離婚の目安を参考までに次の3つに区分してみました。
☆(離婚保留)
☆☆(離婚準備)
☆☆☆(早急に離婚)

前回は☆(離婚保留)の目安についてお話したので今回は☆☆(離婚準備)の目安についてです。

考え方や価値観の違い
結婚した後にお互いの考え方や価値観の違いに気が付くことは意外と多いものです。子育ての方針の違い、実家や親せきの付き合い方、お金の貯め方や使い方など例をあげたらいくらでもあります。考え方や価値観の違いは夫婦双方が妥協し合って合わせるか、とことん話し合いどちらかに従うかができない場合、それはやがて夫婦にとってのストレスとなり一緒に生活することすら苦痛になる場合があります。
努力しても考え方や価値観の違いで折り合えないな、無理だなと思うのであれば、離婚の目安は☆☆2つです。離婚準備を始めつつ離婚するタイミングを探るという選択肢もあります。

浮気(反省している場合)
浮気は配偶者の裏切り行為として許せるものではありません。ただ、相手配偶者が初めての浮気で浮気相手とは別れ、やり直す意思を表しているのであれば、離婚の目安は☆☆2つで、即離婚ではなく浮気の証拠集めなど離婚準備をしつつ、少しの間様子を見るのもいいでしょう。

モラハラ
相手配偶者が傷つく言葉を平気で投げかける。相手配偶者と口をきかない、無視するなどの言葉や態度の暴力(モラハラ)が原因での離婚が近年増加しています。妻を家政婦のように扱い妻が体調を崩しても一切家事を手伝わない夫や、「臭い」「汚い」と家族の前で罵り夫だけを除け者扱いする妻などのケースがあります。このようなケースも離婚の目安は☆☆2つです。専門家などに相談しアドバイスを得ながら、離婚準備をし、モラハラの証拠を集めておけば慰謝料も請求できるでしょう。

☆☆(離婚準備)の目安はあくまで参考です。
離婚を急ぐ必要はないが、離婚準備をしておいて損はない場合や離婚時に慰謝料を確実に取る為の証拠収集をしたい場合などは離婚準備として時間を稼ぐ方が賢明な場合もあるのです。

以上、離婚の目安☆☆(離婚準備)の場合についてでした。
それでは、また次回お会いしましょう。