浮気と不倫の違い

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

浮気と不倫の違い

新型肺炎。日本でも感染者が日ごとに増えていて心配ですよね。
マスクは滅多にしないのですが、注意喚起を受けて仕事中もマスクをすることにした、行政書士の阿久津です。(。-_-。)

今も昔も離婚原因のトップを占めている浮気や不倫。
浮気や不倫という言葉はよく耳にしますが、浮気と不倫の違いについて正しく説明できる方は意外に少なかったりします。
「えっ、浮気も不倫も同じでしょ?」
そう思っているアナタ!
今回は、浮気と不倫の違いについて、分かりやすくまとめてみました。

結婚しているかしていないか
特定の決まった相手がいるのに他の異性に興味や関心がいってしまい、その相手と恋愛関係にまで発展してしまうことを世間では浮気と言いますが、結婚して配偶者がいる場合は浮気と言わずに、不倫と言います。
結婚して妻(夫)がいるのに、他の異性と深い仲になってしまうのが不倫で、結婚はしていないけれど、交際中の彼氏(彼女)がいるにも関わらず、他の異性と恋愛関係になるのが浮気、というわけですね。

ボーダーライン
では、どこからが浮気や不倫になるのか、そのボーダーラインは何なのかについて具体的にお話しましょう。
①浮気のボーダーライン
例えば男女が2人きりで食事に行っただけで浮気と捉える人もいれば、デートしたり手を繋いだりハグしたりする関係性が浮気だと断定する人もいます。
つまり、浮気のボーダーラインはケースバイケースで一人ひとり、価値観や考え方が異なるように、浮気のボーダーラインも異なるということです。

②不倫のボーダーライン
ボーダーラインがケースバイケースの浮気に対して、不倫はボーダーラインが明確です。不倫と言えるのは一線を越えて深い関係になる、つまり継続した肉体関係を伴う交際をしている状態を言います。

深刻な状況に陥るのは不倫
浮気も不倫も決まった相手がいるのに、別の異性に惹かれて関係を持ってしまうという点では同じですが、バレてしまったときに深刻な状況に陥ってしまうのは不倫の方です。
たった1度の不倫でも、夫婦の愛情や信頼関係に大きなヒビが入り、離婚の引き金になってしまうこともあるのです。
不倫は法律で定める離婚理由(民法第770条)になりますし、更に不倫によって平穏な家庭生活や婚姻生活を侵害されたことを理由に不法行為による損害賠償(民法第709条)の請求対象にもなるのです。

ここまで、いかがでしたか?
浮気と不倫の違いについて、理解して頂けたでしょうか。

それでは、また次回お会いしましょう。