モラハラDV夫①

無料相談実施中!【受付】年中無休 9:00~23:000120-219-888

モラハラDV夫①

週末念願叶って、やっと1泊の温泉旅行へ行ってきました。
関東近辺ですが、リフレッシュできました。
たまにはこうやって仕事や家事から離れて、リフレッシュする時間を作るのは、大切なことだと思う行政書士の阿久津です。(#^^#)

タイトルのモラハラDV夫とは、妻に対してモラハラ(モラルハラスメント)とDV(ドメスティック・バイオレンス)を行う夫のことです。
この最悪、最凶の問題行動を妻に対して行う夫とは躊躇うことなく離婚すべきですが、今回はモラハラDV夫の特徴や問題点、対処方法などについてお話ししていきます。初回はDVモラハラ夫の特徴などについて具体的にお話しましょう。

最初はモラハラ、段々暴力を
モラハラDV夫は、最初からモラハラとDVを行うわけではありません。
大抵は、モラハラからはじまりモラハラがエスカレートしてくると、次に手が出て、モラハラと暴力がセットになってしまうというパターンが多いようです。
例えば、妻が作った食事に「みそ汁は湯気が立っている状態で出すようにして。」と夫が注文をつけ、それができなかったとき、「使えないヤツだな!」「どうして言ったことができなんだ?」と、妻を罵倒する言葉を平気で言うようになります。妻が反論すれば「食わせてもらってる立場で文句を言うのか?」と暴言がエスカレートし、物をぶつけたり、直接妻に手をあげたりと段々と暴力行為も伴うようになった事例がありました。

モラハラDV夫の特徴
モラハラDV夫の共通する特徴として、プライドが高い、という点があります。
そして、妻よりも学歴が高く収入が多い、或いは妻より年上な分、世間のことはよく知っている、など妻より自分が勝っているという思い込みが強いという部分も共通する特徴です。
妻からプライドを傷つけられるような言動があったり、妻が自分の言うことをきかない、守らないということには、我慢がならず、モラハラとDVを行ってしまうのかも知れません。

モラハラDV夫は厄介
どんな事情や理由があっても、モラハラやDVは許されるものではありません。しかし、モラハラDV夫には、モラハラやDVは悪いこと、してはいけないことという認識がない場合はほとんどです。罪の意識がないどころか、妻の為にやっている、妻が悪いからしつけとしてやっている、とモラハラやDVを正当化します。
そのため、妻が耐え兼ね夫に離婚を切り出しても、応じませんし、逆にプライドを傷つけられたと逆ギレして、モラハラとDVがエスカレートしてしまう場合もあるのです。妻は怖くて離婚を切り出せなくなるという悪循環に陥ってしまうわけです。

②へ続きます。
それでは、また次回お会いしましょう。